社会福祉士 通信

社会福祉士の資格を取るには?

社会福祉士 資格 通信

高齢化の波が迫っています。高齢者や障がい者の介護は今、社会全体が抱える問題となっているのはご存知のところでしょう。

 

・介護ってどうすればいいの?

 

・制度の利用方法を知りたい

 

・福祉施設への入居相談

 

 

…社会福祉士は、そのような悩みを持つ家族や隣人の間で必要とされている人材です。

 

社会福祉士として活躍するためには、まず高校を卒業してから福祉系の大学・短大・専門学校で勉強します。卒業後、4年制の大学卒業者以外は相談援助の実務経験を積むなどして受験資格を得ることができます。

 

場合によっては養成施設(専門学校)などでさらに経験を積み、『社会福祉士国家試験』に合格することで晴れて社会福祉士となれます。

 

資格を取るには通信?スクール?

ルートは様々ありますが、最終的には国家試験への合格が必要になります。資格を取得して介護に悩む人々の助けになるためには、試験の対策が必要です。勉強法は

 

独学

 

通信

 

通学

 

 

の3通りに分かれます。

 

社会福祉士の勉強法
@独学

社会福祉士 通信 独学

最も取り組んでいる人が多い勉強方法です。テキストや過去問を自分で用意し、対策します。近年はインターネットを通じて過去問の情報や出題傾向を知ることができるため、少ない費用で学んでいくことができます。

 

デメリットは、継続に根気が必要なこと。自分の気持ち次第なので、モチベーションが落ちやすいです。さらに分からない部分を聞ける人がいないため、つまづくとそのままにしてしまいがち。また、受験資格を満たしていない場合は受験することができません。

社会福祉士の勉強法
A通信講座

社会福祉士 資格 通信

独学に次いで人気のある勉強方法。費用は独学よりも高額になりますが、自分のペースで学ぶことができます。働きながら勉強できるため、ポイントを押さえた効率の良い勉強ができます。添削制度を利用すれば、つまづいた部分の解消もできます。

 

通信の最大のメリットは、受験資格を取得できる講座があるところ。そのため通信講座の種類として大まかに分けて

 

・受験資格を得ることを目的とした通信講座

 

・資格取得を目的とした通信講座

 

 

に分かれます。大学や専門学校で福祉系の内容を履修していなくても、4年間の通信教育で社会福祉士の受験資格を受けることができます。必要な実務研修も、カリキュラムに含まれているところがあります。

社会福祉士の勉強法
B学校(スクール)

社会福祉士 通信 スクール

費用と時間は通信・独学に比べ最も掛かりますが、社会福祉士になるには最短の道のりが学校。指定科目を履修し、試験対策を行うことができます。カリキュラムも充実していて、専門学校では試験の前に対策講座が開かれます。

 

4年制の福祉系大学なら卒業と同時に受験資格を得られます。そのほかの大学や福祉系短大・専門学校も相談援助実務を1〜2年積み、養成施設を経ることで受験資格を得ることができます。

 

社会福祉士の資格講座の探し方

社会福祉士資格 通信 女性

一発合格を目指すなら、通信講座や学校がおすすめ。しかし、社会福祉士の講座は一つではありません。

 

カリキュラムの内容はもちろん、終了までにかかる費用や期間も様々。受験資格の有無によっても講座選びは変わってきます。これらを一つ一つ見比べるのは大変な労力が必要です。

 

社会福祉士 通信 画像リンク

 

おすすめなのがブラッシュUP学びというサイトです。このサイトを使えば全国の学校や社会人スクール、各社から出されている通信講座を調べることができます。

 

最もおすすめなポイントが

 

・講座の資料請求が無料でできる

 

・一つ一つでなく、一括で請求できる

 

 

ネット上やチラシの情報だけでは分からない部分も、一括で資料請求することで簡単に比較することができます。会員登録の必要もなく、手軽に使えるのも魅力ですよ。

 

▼登録不要・無料で一括請求▼

社会福祉士資格 通信 ボタン1

 

社会福祉士の資格取得についての口コミ

社会福祉士 通信 口コミ

自宅学習で社会福祉士を目指しました。仕事をしながらの勉強だった為、平日は1時間集中するのが限界。土日祝日にしっかりと勉強するようにしていました。そのため朝5時には起床し、脳を覚醒させるために運動し、昼過ぎまで一問一答形式で、問題を理解できるように心がけました。試験の問題量が非常に多いことを模擬試験で実感していたので解答のスピードを極力上げるよう意識していました。

27歳 男性

通信講座を利用しました。勉強時間のバランスに注力しました。勉強時間が長すぎると苛立ちを覚えるようになってしまったので…。長時間続けて勉強するのはやめ、効率と集中力を重視するようにしました。過去問を繰り返し解くことが苦手。なので、テキストの内容の暗記に力を入れました。

33歳 男性

福祉関連施設を新設する際などの融資を行う業務に携わっています。福祉施設の状況がわからないと進まないこともあるので、社会福祉士としての知識が非常にに役に立っています。学校を見つけて、仕事を終えてから勉強していました。通信講座も考えたけど、自分には時間が決まっているスクール形式の方が合っていました。

28歳 女性

児童養護施設に勤務しています。子どもと関わっていると、実際に困っている人を手助けすることの難しさに突き当たり、未熟さを噛みしめる毎日ではあります。社会福祉士の資格取得したからといって、すぐに役立つ援助ができるわけではありません。それにお給料に反映されるわけでもないんですよ。ただ、努力が実って資格を取得できたことが、自信となって前向きに仕事に取り組めると感じています。子どもたちの力になれるように日々努めています。

36歳 女性

 

社会福祉士は介護職の一種ですが、直接介助をする仕事とは異なります。 本人が介護をするのではなく、介護サービスを受ける利用者及びご家族の相談を受けることが主な業務です。日常生活を送ることが難しい方の話を聞き、医療機関や介護の専門家と連絡を取り合いながら、適切な福祉サービスを受られることを可能にしたり、その後のフォローをすることが仕事です。

 

口コミでは、平均の手取り21万円〜23万円前後が相場のようです。社会福祉士は、生活相談員としての業務が中心で、生活の悩みや、介護に不安を抱えている周囲の人などに対して、総合的な援助やアドバイスを提示したり、ケアマネージャーとの連携をとって仕事をすることがあるようです。

 

>>【無料】講座の資料請求はこちら

 

社会福祉士資格の費用はどれくらい?

社会福祉士 通信 資格 お金

 

社会福祉士になるためには、

 

・受験料

 

・試験対策の勉強にかかる費用

 

・受験資格を得るための費用(養成施設等)

 

 

がそれぞれ必要になります。まず受験料ですが、社会福祉士のみを受験する場合は7540円。社会福祉の共通科目を免除して受験する場合は6360円です。(年度により変動する場合があります。)では勉強法による費用の違いはどうでしょうか。

 

社会福祉士を独学で勉強した場合の費用

社会福祉士 通信 費用 独学

テキスト+問題集複数冊でおおよそ10000円程度からのスタートになるかと思われます。この場合、すでに受験資格を有しており、なおかつ養成施設などでの経験も経ているような方(資格はないがすでに相談援助等で働いている方)が当てはまることになります。

 

社会福祉士を通信講座で勉強した場合の費用

社会福祉士 通信 費用

こちらは受験資格をクリアしているかどうかで変わってきます。クリアしていれば2年程度のカリキュラムとなり、費用は10万〜程。クリアしていなくても、受講すれば受験資格を得られる4年のカリキュラムの場合は18万〜。自分が受験資格を持っているかいないかで、講座選びは変わるので注意しなければいけません。

 

これらの中には養成施設としての機能を兼ね備えた講座があり、そうした講座は費用が高額になりますが社会福祉士を目指す人にとっては人気が高いです。

 

通信講座の費用の一例

ユーキャン

社会福祉士通信講座
…59000円
※受験資格の取得はできません

 

東京福祉保育専門学校

社会福祉士養成通信課程
…初年度179200円、2年目82000円

 

東京福祉大学

社会福祉学科・社会福祉専攻通信
…4年236260円

 

聖徳大学通信教育部

社会福祉学科・社会福祉コース(通信)
…入学金30000円、4年190100円

 

※その他スクーリングが必要な場合別途費用が必要です

 

>>関連ページ:【通信講座の比較】

 

社会福祉士のスクールへ通学した場合の費用

社会福祉士 通信 費用 通学

こちらは卒業すれば受験資格が得られるとあって費用も高額。おおよそ年間平均で100万円程度掛かるところもあります。こちらも短期の学校であれば費用は抑えられるところもありますが、受験資格を得られない、ただの対策講座として行っているところがあるので注意しましょう。

 

学校により授業料もさまざま。福祉系の大学であればさらに高額の授業料・入学金・諸費用が必要になります。ただ、合格へのステップとしては最も近いものであることは間違いありません。

 

自分に合った勉強法がわからない…

どれを選べばいいかわからない場合は、まずはそれぞれの講座がどんなことをするのか比較してみましょう。

 

ブラッシュUP学び無料で一括して資料請求することができます。

 

特に通信講座は種類がたくさんあるので、自分に合ったカリキュラム・費用のものを探すにはピッタリ。無理なく、効率的に学べる講座を選びましょう。

 

社会福祉士 通信 女性2

 

社会福祉士になるまでには、たくさんの費用と時間がかかります。

 

しかし、各都道府県の社会福祉協議会では『社会福祉士修学資金貸付制度』というものを実施しているところもあります。賢く利用することで、資格取得までの費用を抑えることができます。

 

あなたに合った勉強方法を見つけ出し、いずれは社会福祉士として活躍してください。

 

▼登録不要・無料で一括請求▼

社会福祉士 資格 通信 ボタン2

 

社会福祉士 資格に関するおすすめ記事

社会福祉士 通信資格 おすすめ記事

社会福祉士の合格率・難易度は?資格の合格基準と近年の傾向を検証

社会福祉士試験の合格率と合格基準を調査。その数字から難易度を探ります。実技試験の免除申請の条件も調べました。

>>社会福祉士の合格率・難易度に関する記事はコチラ

社会福祉士は独学で可能?受験資格と勉強法を解説|社会福祉士 資格

社会福祉士の資格は独学で取得できるのか?実務経験・受験資格で注意しておきたい点と、おすすめの勉強法を解説します。

>>社会福祉士の独学勉強に関する記事はコチラ

社会福祉士の給料(年収・収入)は?就職・転職先の介護支援の仕事

社会福祉士はどれくらいの給料をもらっている?どんな仕事をしている?気になる疑問を調べました。介護業界への就職・転職を考えている方必見。

>>社会福祉士の給料・年収に関する記事はコチラ

社会福祉士の通信講座はどんなことをする?期間・費用・内容を比較

社会福祉士の試験対策を目的とした通信講座を比較しています。期間・費用・特徴から自分に合った講座を探してください。

>>社会福祉士の通信講座に関する記事はコチラ


inserted by FC2 system